カシミール3D ndb

特徴

移動時のルート作製や地図の印刷・確認、GPSとの連動等で  カシミール3D を使っている人が多いかと思います。 このたび、SOTAのドキュメントから、カシミール3D用のSOTA山名のデータベースを作成しました。 データベースの冒頭にデータの所属について記述してあります。

◆データの内容
表示される山名は、SOTA登録の山名にリージョンコードを付加しています。

例) 弥太郎山/TG-031

  • 地図上では、赤の三角でポイントを表示(SOTAマークに準拠)
  • 山名+コード は、濃茶色で太字
  • 地図上の赤三角にフォーカスがあたると、山名とリージョンコードが表示され、ダブルクリックすると詳細データが表示される

表示例とインストール

◆カシミール3Dへの組み込み
*注意:カシミール3Dは同時にひとつの地名DBのみ有効なため、別に地名DBを選択していた場合は、SOTA山名DBに置き換わります。

現在使用中の地名DBがある場合は注意してください。(切り替えて選択表示することになる)2017/09/25 追加説明  その場合は、カシミール3D用のGPXデータを利用してください。

添付しているkm3_v??.zip を解凍すると、km3_v??.ndb が出来ます。
このkm3_v??.ndbをカシミールの地名データに読み込ませる。
カシミールに精通いるわではないのですが、下記の方法でよいかと

ダウンロードしたZIPファイル(km3_v??.zip)を解凍して、km3_v??.ndbを
カシミール3Dのデータフォルダ等に移動する。
例)1
カシミール3Dの ファイル > データ一覧 > 地名を右クリック >開く ><br/>
解凍したkm3_v??.ndb のファイルを選択する

例)2
カシミールを起動して地図が表示されている場所に、解凍したkm3_v06.ndbをドラック

例)3 カシミール3Dにndbが関連づけられている場合は、km3_v06.ndbをダブルクリックするとカシミールが起動して表示される。

 

◆表示例

 

 

履歴とダウンロード

  • 2018/10/16 ST-016,KT-115,HS-019  データ異常修正(不要な空白により位置情報がズレて表示)
  • 2018/10/05  山名 「畑」「の」の不足を修正
  • 2018/09/20 位置情報修正
  • 2018/09/04 JA9,JA0(本州) 住所データの修正
  • 2018年8月26日 JA/IB-014 位置情報、標高のデータを修正
  • SOTA日本山岳名 2018年8月14日までの変更履歴を反映、住所区分見直し
  • 2018/01/10 SOTA日本山岳名 2018年1月8日までの変更履歴を反映
  • 2017/09/25 SOTA山名リスト 2017年9月23日までの変更を反映
  • 2017/08/20 SOTA山名リスト 2017年8月15日までの変更を反映

免責・注意事項

このデータについての問い合わせはSOTA日本支部には問い合わせしないようお願いします。
著作権については、すべてのデータ(山名、緯度経度、SOTA識別名等)の権利は、SOTA日本支部に帰属します。今回提供している山名データは、SOTA日本支部が所有するデータをカシミール3D用の山名データベースに組み替えたものになります。
また、実際の使用にあたってはSOTAのHP等で再確認をお願いします。