東金砂山 <490m>(JA/IB-014) 茨城県常陸太田市

東金砂山 <490m>(JA/IB-014) 茨城県常陸太田市

笹原入を下山して、東金砂山に向かう。この山は、駐車場からすぐに山頂と聞いていたので、駐車場まで到達できればあとは問題ない。東金砂山は神社を目標にして車を走らせる。看板が随所にあるのでそれに従って狭い道を走る。神社の前には、トイレと駐車場があり、そこに止めて登山?開始。登山(神社の入り口)は、SOTAのパノラマビユーの写真にある階段をのぼっていく。
階段をいくつかのぼり、最後の神殿の右をくぐって、左にすこし上ったところが山頂?。とても山頂とは見えないところで、GPSで確認。少し先にいってみるが、道が竹林になって下っている。

写真でわかるように、山頂は杉林のなかで見晴らしなし、手前がいわゆる神社の裏境内で少しひらけている(樹木がないだけ)が、無線の環境としてはいまいち、とても飛びそうにない。三角点もなくメリハリのない山頂である。三角点は別の位置にあるが、ここより標高が低いので、SOTAの規定ではこの神社裏山になる。
手前の開かれた場所にアンテナを設置する。予想通り、CQをだしても応答がなく、かろうじて2局だけ交信。

無線環境:神社の裏山(境内)で杉林の中が最高地点。周りは神社境内なので大木が多く、U/V、HFでも非常に厳しいと思われる。

位置情報が違っています。新しい地図(下記の地図)での表記点(赤△)が修正した位置、標高(490m)になります。(2018/08/26 追記)

標高490mに再登山はここに記載しています。

 

 


このルート図は違っています。先の林道わきの点がピーク(ポイント)になります。 2018/08/26

茨城県の山カテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。