本山 <526m> (SOTA:JA/TG-069) 栃木県宇都宮市

本山 <526m> (SOTA:JA/TG-069) 栃木県宇都宮市

11月の連休は宇都宮方面のSOTA対象の低山に出かけることにした。最初に本山とし早朝に出発したが、登山口についたら9時少し前になっていた。栃木県の「こどもの森公園」の駐車場に車を止めて出発。当初のルートで登ろうとしたら、登山口に通行止めのローブと説明板があった。伐採中とのこと。山頂近くの尾根にも同様に張られていたが内容をよく読むと平成30年のはじめまでですでに伐採は終わっているようだ。

駐車場から舗装されて道路をあるき、左にあるトイレによってからさらに研修・管理棟を右に見ながら舗装道路を歩いていく。しばらくゆくと芝生ようのうな道になり、壁登りのある場所では中学生が指導員とともに屋外活動をしていた。さらに進むとやっと登山道の入り口に到着。先行している単独の男性の後を追うように登っていくと、少しの登りで展望台のある場所に到着。展望台にはよらずに次のピークを目指し登る。

次のピークは榛名山となっている。この登りがも結構大変であった。榛名山には祠があった。少し戻って次の目標である本山に向かう。本山の最後の登りはこのルートで一番つらいところでした。石のある急斜面を登っていくと飯盛山との分岐点を過ぎ尾根に到達。最後の登りで先行していた2人の同年配の夫婦に追いつ尾根で一緒になり、そのまま山頂に。山頂は狭いがよく開けていた。三角点を含めて写真撮影。遠くには日光連山がよく見える。

狭い山頂では写真撮影のじゃまになるので、手前の木に2m用のいつもの5段同軸コリニアアンテナを設置してバンド内をワッチ。宇都宮の外れの低山であるが、FMで運用してみるとそれなりに呼ばれたのでSOTA規定局数ができた時点で終了とした。この山は意外に登ってくる人がいる。あまり人がこないと思っていたが、篠井冨屋連峰を縦走する人が多いようだ。本日は縦走はしないでこの本山から周遊する楽なコースで登山口であるこどもの森公園に戻ることにして次の山に向かう。本山からの下りは飯盛山との分岐点からすこし下ったところからは林道となり、最後は舗装道路を歩いてこどもの森に到着。こどもの森は紅葉が終わりかけていたがまだ綺麗に色ずいている紅葉もあった。

昼食は駐車場脇の食堂でソバとうどんのセットを注文、値段も安くおいしかった。食事休憩後は、近くのマイナーな山である「半蔵山」に向かう。

登山日:2018年11月23日

「この地図は、国土地理院長の承認を得て、同院発行の電子地形図25000を複製したものである。 (承認番号 平30情複、 第450号)」また、本地図を複製する場合には、国土地理院の長の承認を得なければなりません。

 

栃木県の山カテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。