津辺野山 <259m> (JA/IB-011) 千葉県安房郡鋸南町

津辺野山 <259m> (JA/IB-011) 千葉県安房郡鋸南町

津辺野山は、高速館山道の鋸南富山ICから見ると山が削られた房総の武甲山といわれる山です。
登山道が、地図にはありませんが最近は道標が整備されてきているとの情報から、冬ならばヤブに悩まされないで登れると思った。登山口は、鋸南富山ICからすぐの道路わきに登山口の道標が建っている。

ここから登ることに。しばらくは荒れた道ではあるが、道がある。しばらく里山らしい道を進むと展望地の道標があり、笹薮をぬけてゆくと砂を採掘した上の部分にでて、そこからの眺望は、鋸南町の先に東京湾が望みよい風景で、一休みするには最適な場所。
眺望を楽しんだ後は、再度竹藪を抜けて登山道に。しかし、ここから急な斜面を登っていくことになるが、道はほとんどなく、時折ある赤テープと、忘れたころに見かける白い小さな道標を探しながらひたすら登ることに。

登りきると、最初のピークである「秋葉山」と標識のある山頂に。ここも、眺望はなく林の中。この辺も道はわかりにくいが、先に進む。若干のアップダウンを繰り返し最後に、津辺野山の方向を示す道標に従い山頂方面に斜面を登る。
山頂は、秋葉山と同様に眺望はなく、木々が多く薄暗い。アンテナを設置して430FMで声を出すが2局のみの交信で撤収。

帰りは、別の林道に降りるルートもあるようだが、大回りになるので、来た道をそのまま下山することにした。
この山は、前半は道がありますが後半は道がなくテープを頼りに登ることになりますが藪でありませんが明確な尾根がわかり難いので注意です。ログデータも葉が落ちていないのでGPSもロストしている部分があります。

 

 

「この地図は、国土地理院長の承認を得て、同院発行の電子地形図25000を複製したものである。 (承認番号 平30情複、 第450号)」また、本地図を複製する場合には、国土地理院の長の承認を得なければなりません。

 

千葉県の山カテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。