房の大山 <193m> 千葉県館山市

房の大山 <193m> 千葉県館山市

前日は西日本を中心に雪が降っており、千葉でもところにより雪がちらついていが、北関東と違い積雪がなさそうなので、房総方面出かけることにした。高速で君津付近にるりと法面に雪がうっすらと積もっているのが見える。前日に少し降ったようだ。高速は終点から館山の海沿いに坂田まで車を走らせる。

お天気もよく、海の色が青く房総に来た雰囲気を感じるころに坂田に到着。道側の海側に公衆トイレと大きな駐車場がある。ここに車を止めて出発。走って来た県道の横断歩道を越え真っすぐに民家のほうに。横断歩道を渡った場所に「房の大山」の壊れかけた案内版があった。民家の間の道を少し行くとY字路になり左側の道にいく。民宿の家が正面に見えるようになると、正面左側の白壁に「房の大山」を示す標識があり、標識に沿っていくと竹藪を通り過ぎて登山道になる。最初は竹藪の中の道が続くが、すぐに普通の登山道になる。標高は低いが登山道は滑りやすい。

ところどころにロープがある。駐車場から30分程度で山頂に。山頂からは若干の木々があるが眺めはよい。この山は登山道や山頂は刈られているので整備しているようだ。秋から春にかけて手ごろなハイキングコースである。下山は上って来た道をそのまま戻ったが、周遊するコースもあるようです。周遊コースは、道が解りにくく間違えやすいそうです。
今回は、無線は行わなかったが館山市の最高峰なので楽しめそうです。海が見える場所なので、HFも面白いかもしれません。

 

道路を渡って道を進んでいくと、右手に民宿が見える。
民宿の左側の壁に登山コースの案内があるので、案内に沿って曲がっていく
登山口からは竹のある道が続く
竹林の中を登っていく
途中滑りやすく、ロープが設置されている場所がある

 

山頂からは海が見える

 


「この地図は、国土地理院長の承認を得て、同院発行の電子地形図25000を複製したものである。 (承認番号 平30情複、 第450号)」また、本地図を複製する場合には、国土地理院の長の承認を得なければなりません。

千葉県の山カテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。