磐梯山 <1816m> (JA/FS-009) 福島県耶麻郡猪苗代町/磐梯町

磐梯山 <1816m> (JA/FS-009) 福島県耶麻郡猪苗代町/磐梯町

 

過去2回の磐梯山は登っても山頂ではガスや強風で何もみえなかった。今回は、昨日からお天気が安定して麓からも磐梯山がくっきりと見えている。当初の予定を変更して磐梯山と猫魔ケ岳に登ることにした。

前回と同じ最短ルートの八方台からとし、合わせて猫魔ケ岳も登る予定。まずは、磐梯山を目指す。今日はお天気がよいので八方台の駐車場も7割ほど埋まっている。平日であるが好天なので人も多いようだ。途中の中の湯まではブナ林の気持ち良い道を快調に登っていく。前回はこのあたりもガスっていたが、今日はブナ林が気持ち良い。硫黄のにおいが鼻についてくると中の湯が近い。この辺りから木道があり、その後は徐々に勾配がきつくなって登山道らしくなってくる。
 弘法清水で休憩。多数の人が休憩している。このあたりから、これから上る磐梯山の一部紅葉の始まった山頂が見えてくる。磐梯山はここからが本格的な登りだ。弘法清水からみるほどの勾配を感じずに一気に登ると山頂手前の分岐点に到着。そのまま山頂に登ると、多数の登山者が思い思いに休憩中。360度の大展望。ふもとの猪苗代湖、黄金色の田んぼ、遠くの山々と雲一つなく、風もほとんどなく絶好の天気だ。やっと好天の磐梯山に登ることができた。

登山日:2019年9月27日(金)

 無線は山頂のはずれの方に5m程ポールを上げてRH-770をセットして、2mのFMで運用することにした。CQを出すと順調に呼ばれる。SOTA規定局数をオーバしたので、FMからFT8に変えることにしてRIGを交換。タブレットの時刻補正が終了後、ソフトを起動するが送信が動作しない。CATは動作しているが、SBがNGのようだ。いろいろやってみたが回復しないのでFT8は終了として下山することにした。自宅で出発前にはOKでしたが。(当日夜に原因が判明:SBのシステム側の設定が変わってしまっていたため)

 

「この地図は、国土地理院長の承認を得て、同院発行の電子地形図25000を複製したものである。 (承認番号 平30情複、 第450号)」また、本地図を複製する場合には、国土地理院の長の承認を得なければなりません。

 

福島県の山カテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。