鎌倉岳 <967m> (JA/FS-086) 福島県田村市

鎌倉岳 <967m> (JA/FS-086) 福島県田村市

山頂の祠
三角点

 

9月末は猪苗代の宿泊施設が利用できることになったので、今年3回目の福島遠征にでかけることにした。天気予報では最終日の日曜日は雨になりそうだが、それ以外はよさそう。初日は途中の鎌倉岳に登ることにした。前回の移動で隣の伝上山に登ったときに山頂の形が独特でいつか登ろうとした山。

自宅からは福島は遠く、登山口のある場所についたのは10時を過ぎている。登山ルートは距離はあるが比較的に勾配にすくない鰍コースとした。登山口は「中野区常葉少年自然の家」が入り口になっていた。道路の入り口に登山者用の駐車場があり、登山者用のトイレも設置されていた。平日なので駐車場には駐車している車はない。登山中に3名に会ったが、メインコースである「萩平」から登ってきているようだ。

「中野区常葉少年自然の家」に向かい、すぐに登山コースの案内図と入り口があった。登山道は最初は雑草もなく歩きやすいがしばらくあるくと夏草が生い茂る場所がある。杉林の緩やかな樹林帯を快調にあるき、萩平からのコースと合流する地点あたりからは本格的な登山コースとなり急こう配が山頂まで続く。ロープが各所に設置されているが、使うほどではない。

山頂にでると一気に視界が開けて360度の展望。今日は快晴で周りの山々がよく見える。午後から登る桧山も山頂近くの風力発電のプロペラが目立って見えている。

登山日:2019年9月26日(木)

無線は平日ではあるが、それなにり標高があるので簡易に2mのFMで運用することにして、RH770を4mほどあげて運用することにした。30分ほど運用してSOTA規定局の4局とQSOできた時点で終了とした。下山はそのまま来た道を戻り、続いて桧山に向かう。

 

 

 

「この地図は、国土地理院長の承認を得て、同院発行の電子地形図25000を複製したものである。 (承認番号 平30情複、 第450号)」また、本地図を複製する場合には、国土地理院の長の承認を得なければなりません。
鰍コース 登山口概略図

福島県の山カテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。