大神宮山 746m 福島県東白川郡矢祭町

大神宮山 746m 福島県東白川郡矢祭町

大神宮山の三角点

山頂 左は展望台ですが危険なので立ち入り禁止になっている

唐竹久保のバス停が登山口

2018年3月24日現在 大子駅~唐竹久保は途中(唐竹久保の手前)の道路陥没でバスは運行停止中でした。

このバス停から舗装道路をあるき民家の間から林道に入っていく

 

林道を進むと、大神宮山への道標がある。この先で林道が分かれるので真っすぐの方向にいく。

登りは、右側にいってしまい最後は急登になってしまった。

ここは、直進する

しばらくあるくと、左に道標がみえたら林道から左の登山道に入っていく

途中の登山道、杉の枝が多くクッションになっている

大きな林道にでてから30分程度あるくと、大神宮山直下の駐車場に到着する

右側を登っていくと、大神宮山の山頂に。

今回は、真っすぐに高笹山に向かう。

30分程度あるくと、キイチゴが登山道に現れキイチゴの棘がじゃまになる。この状態がしばらく続くようだ。

キイチゴがなくなると笹の道。このくりかえりのようだ。まだ先が長いので、キイチゴの棘が伸びていない季節に再登山することにして、今日は撤退することにした。

 

高笹山からの大神宮山への登山道は歩きやすい。

大神宮山の展望台は朽ちかけて立ち入り禁止のため、近くの開けた登山道脇に6mのアンテナを設置して30分程度運用。今日は、誰も会わないしずかな山行であった。

参考資料として、奥久慈男体山の登山口に置いてあった「八溝山・大神宮山」のパンフレットを添付しました。(2018/10/18)

<参考資料> 登山口にあるパンフレット

福島県の山カテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。