嵐山 <406m> (JA/KN-032) 神奈川県相模原市緑区

嵐山 <406m> (JA/KN-032) 神奈川県相模原市緑区

今週末は相模湖、津久井湖周辺の山を3ケ所登ることにした。リストは4カ所を準備して、疲れ具合で現地で決めることにしてまずは、相模湖東ICで高速を降りる。最初は近くで登る時間の少ない「嵐山」に向かう。

相模湖大橋を右に見て大橋を渡らずにそのまま直進すると、無料の駐車場に入ることができた。ここは台数的には10台ほど駐車できるようだが、今は工事中で一部が関係車両の駐車場となっているので7台程駐車できるようだ。ここからは、駐車場の先から相模ダムを渡り道路に出て左に少し歩くと道路左側にこじんまりとした「やまなみミニパーク風と森と電気の里」があり、道路向かい側に嵐山への登山道につづく階段がある。

階段状の登山道に入り、ここからはほとんどが登りの登山道で樹林帯なのであまり眺望はない。朝早い時間なので誰にもあわずに山頂に到着。山頂は広くベンチがある。相模湖方面がよく開けている。通常はここから石老山方面に縦走していくようだ。

登山日:2019年4月6日(土)

3.5mH RH-770を設置

 早い時間帯(7時台)なので、2mや6mのSSBでは交信が難しそうなので、144か430のFMで運用することにした。144Mhz用のHB9CVをもってきているが、144Mhzで交信ができないことも想定してRH-770を3.5mほど上げてトライすることにした。ここはあまり標高もないので、モービル局がいればつながるだろうと淡い期待をもってバンド内をワッチするが違法局が数局聞こえてくるだけ。まずは、144でCQを出すが応答がない。430でもCQを出しても相変わらず応答がない。いったん休止していると、登山者が1名登ってきた。この人は写真を撮影して石老山(鼠坂)方面に下っていった。ここで、気を取り直して144でCQを数回だしていると、よく交信していただいている局からコールバックがあった。この局は地元でこれから上る山での無線状況を教えていただいた。1局交信できたので、即下山として次の石砂山に向かうこととした。

「この地図は、国土地理院長の承認を得て、同院発行の電子地形図25000を複製したものである。 (承認番号 平30情複、 第450号)」また、本地図を複製する場合には、国土地理院の長の承認を得なければなりません。

 

神奈川県の山カテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。