雨降山 <771m> (JA/FS-228) 福島県いわき市

雨降山 <771m> (JA/FS-228) 福島県いわき市

週末は福島の低山を回る予定で出かけることにした。まずは、雨降山とした。この山は読み方が変わっていてテンキチョウ山と国土地理院の地図にもルビがふってある。事前の調査では林道雨降山線から登山口があるが登山口の標識がないようだ。当初は林道を東側から入る予定で車を走らせていったが、49号線から林道に入れないことを気づかないで、手前から町道に入らなかったので通過してしまった。大回りして反対側の林道入り口から入ることになってしまい、時間をロスした。ナビをあてにしすぎたようだ。

林道は広く走りやすい道路であった。登山口を探しながらゆっくり走っていくと、赤テープのある作業林道が新しく作られた場所があった。GPSで確認するとここのようだ。作業道を入るとすぐに右側に薄い登山道らしい踏み後がみえる。上を見ると、細い木の先に「雨降山」の標識があったのでここで間違いないようだ。

準備をして、作業林道を少し入ってところから登山道にはいり進んでいく。最初は踏み後が薄いがしっかりした登山道が続いていた。途中、樹木の伐採と搬出用の作業道が平行して、一部では登山道が横切ることになるが、各所のピンクや赤のテープがあるので迷わないだろう。新緑の綺麗な登山道を進んでいく。後半は笹が綺麗に刈られているので、登山道の整備はされているようだ。山頂すこし手前に仏像のような小さなものがあり、ここからしばらく登るとなだらかな山頂に到着。山頂は木々に囲まれて眺望はない。

 

登山日:2019年5月18日(土)

 

144/430のロッドアンテナ(RH-770)

福島県の低山なの無線は期待できない。まず、50MhzのV型ダイポールを上げてSSBをワッチしてみるが何も聞こえてこない。CQを出しても応答がない。この低山で林の中では50Mhzはあきらめて、144/430のRH-770にアンテナを変えてFMで運用することにした。2mのFMで何回かCQを出すが応答がない。バンド内もあまり聞こえてこない。1局だけでも交信できないかCQを出していると、福島市の局からコールがありこの1局だけで終了として、次の山に向かうために下山とした。

「この地図は、国土地理院長の承認を得て、同院発行の電子地形図25000を複製したものである。 (承認番号 平30情複、 第450号)」また、本地図を複製する場合には、国土地理院の長の承認を得なければなりません。

福島県の山カテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。